【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

民事再生

民事再生は個人民事再生とも言われ、債務が多くなり支払いが困難になった人がその地域の裁判所に申立て手続きを行う事により、新たな返済の再生計画を立て直すことができるというものです。
支払い金額が経済状況の変化や利息などで難しくなり、スムーズに返済することが難しくなってしまった。けれども定期的な収入はあるので、少しずつ借金を返したいと考える方に適した方法でもあります。

民事再生は新たに発足された債務整理方法の一つで、債務の合計が5,000万以下(住宅ローンをのぞく)である場合に利用することが可能な手段です。
民事再生を申し立てると一度、支払いは停止されます。それから負債の2割(上限300万)か100万円のどちらかの金額を3年以内に分割で支払う形に変更され、この支払いが無事滞ることなく完了すると残りの負債は全額免除となります。

ただし、会社員のように固定収入があることが条件であり、支払い日が過ぎてしますと給料を差し押さえられてしまうので注意が必要です。
けれども民事再生を利用する事で、自己破産のように財産を処分する必要が無くなるためマイホームを手放したくない方にはお勧めできる方法です。
ただし、この方法は住宅ローンに使用する事は出来ないので注意してください。

この民事再生は手続きが煩雑なため専門家に任せるのが一般的で、費用は自己破産に比べ若干高めになります。印紙代など必要経費のほかに着手金・成功報酬で60万から150万と依頼する事務所によりかなり金額にも幅があります。
最近は着手金を取らないで手続きを行う法律事務所もありますので一度調べてみてはいかがでしょう。

▲このページの上部へ