【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

自己破産以外の方法

借金が返せない=破産だけが残された手段ではありません。債務整理というのは多額の借金により返済不可能な状況に陥った際に債務者の生活を立て直すための手段です、破産もこの中の方法の一つで全ての負債を白紙にもどします。
債務整理には「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」とさまざまな種類があります。

借金を全てゼロにしたい方もいれば、完済したいので利息を調整して欲しいなど様々な要望や考え方があります。自分の支払い能力やおかれている状況に応じて、自分にとって一番適している方法で債務整理を行い生活を立て直すことが大切です。
各手続きの詳細は後ほどご紹介いたしますが、どの債務整理の手段が自分にマッチしているかの判断は以下の基準を参考にするとわかりやすいでしょう。

・返済能力が無い場合
自己破産(他の手段は数年で元金を返済できる見込みが必要なので)
・借金を減額したい、持ち家など財産を手放したくない
民事再生、特定調停

特定調停と民事再生は手続き後、支払期限日を守らないと給与などから差し押さえられる事になり、返済に対し重圧を感じるかも知れません。

任意整理も債務方法の一つですが、こちらは法的な処置ではなくて債務者と債権者が返済条件を相談し、合意することで返済方法を改める方法です。
新たに決めた内容は公的文章にしておく方がいいでしょう。また、相手はプロの金融機関であることから素人相手には不利な内容になることが多いため弁護士・司法書士などを間に入れるように手続きをした方が無難といえます。

▲このページの上部へ