【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

浪費・ギャンブルでの免責

「借金に首が回らない、支払いがもう限界だ・・・自己破産したいけどギャンブルで作った借金だから自分で払うしかないんだ。」そう考え込んでいませんか?
それは大きな嘘です。ギャンブルや買い物など浪費やで作った借金も整理することが可能です、安心してください。
借り入れの原因が倒産などの人に比べると、多少ですが免責がおりにくい点はあります。
けれどもギャンブルや買い物・旅行などの浪費は自己破産で免責することはできますし、完全にゼロと言うわけにはいかない場合でも十分に借金の額を減らし、生活を立て直す道はちゃんと用意されています。

なぜギャンブルと浪費は含まれないと印象付けられているのかというと、裁判所が返済免除を決定しない事を免責不許可といいますが、この事例の中に「借金の主な原因が浪費やギャンブル・・・」と記載されているためです。
じゃあ駄目なのではと思いますが、実際に裁判所は下記のいずれかに該当するなら免責を下すとしています。
・債権者が十分に反省し、更正することが可能である。
・借り入れ総額の一割を返済する条件を踏まえれば免責を行う。
このようにちゃんと救済処置はあります。
大きな声ではいえませんが「パチンコで借金」と素直に提出する人はあまりいないと思いますが。
このような場合は弁護士や司法書士に相談してから、自己破産を行う事をお勧めします。

くれぐれも「ギャンブルで作っちゃった借金なんてこれでOK」などと奨励しているわけではありませんので、そのことを念頭にふまえるようお願いします。
また、これで変に安心しもとの浪費を繰り返すなんてことが無いように心がけてください。
破産宣告を官報をみてかぎつけたヤミ金の餌食になり、助けを求める事も出来ず以前より苦しむ・・・なんてことの無いように。

▲このページの上部へ