【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

こんなケースは免責不許可!

自己破産をすると全ての借金が綺麗に無くなり軽くなる・・・わけではありません。だれかれかまわず免責というわけではなく、もちろん中には裁判所が返済免除を決定しない事を免責不許可といいますがそれに該当するケースも幾つか存在します。

ギャンブルについての債務は後に詳しくご説明いたしますが、他にもいくつかご紹介いたします。
・ギャンブル、浪費などの借金。
・返済不可能な状態を知りながらそ、の事を偽って借金やクレジットカードを利用した場合。
・財産を壊す・隠したりするなど、債権者が不利になるように処分したとき。
・すでに支払い不可能な状態であるのに、あえて特定の債権者にのみ返済をした場合。
・過去7年以内に、既に自己破産の免責を得ている。
・借金の全額ではなく、一部のものだけを免責申立てした場合。

一部を除き、上記のように意図的に資産を隠すなど破産宣告を利用しようとした場合などは免責を得ることが出来ない場合があります。
けれども例えば、債権者に騙され・脅されて返済をしてしまった場合や、財産に手を入れるように働きかけられた場合は速やかに弁護士・司法書士に相談してください。法的手段を行使し、停止することも可能です。
また、国からの請求や罰金・養育費、刑罰による損害賠償なども免責の対象とはなりませんのでご注意ください。

このように何かしら免責不許可事由に触れている可能性がある場合は、専門家に相談してみてから手続きを進めるようにした方が良いでしょう。

▲このページの上部へ