【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

弁護士・司法書士に依頼する

次にご紹介するのは弁護士・司法書士など法的な専門家に依頼する方法です。やはり「専門家が付いている」という安心感は非常に大きなものとなります。
特に悪質な金融機関の督促に悩まされている方には心強い味方となること間違いありません。まず、今まで悩まされてきた督促が依頼した時点で法的に違法行為とされるため、ヤミ金業者から恐喝まがいの一切の接触が無くなります。

これは専門家に依頼した時点で委任通知が債権者たちのもとに届き、法的に債務整理を依頼されたので、依頼人に対しての連絡・取立ては一切禁止しますという旨があいてに通知されるためです。
この委任通知が渡っているのに引き続き取り立てを行う債権者は法的に違法とされ、罰金や業務停止など厳しい処罰の対象となるためです。

また、個人で行うのと違い法的な作業を一切する必要が無くなります。これが専門家に依頼する一番の理由でしょう。
確かに本人で手続きをする事も可能ですが各書類の用意の必要もありますし、なんといっても取り立てなど債権者の対応をしながら作業を進めるには相当なプレッシャーがかかるのは明確です。
通常2度行います裁判所での審尋も回数を減らすことや、裁判所での各手続きに同行してもらうことも出来ます。裁判所というのは一般的に「世話になりたくない場所」のイメージがあるせいか、やはり緊張することが多く個人での自己破産の手続きでもかなり負担に思う方が多いそうです。
特に、自らの浪費・ギャンブルなどで破産手続きを行いたい方は、罪悪感から(自己破産による生活の建て直しは当然の権利です)手続きに不安を持つ方も多いため専門家に依頼する事をお勧めします。

▲このページの上部へ