【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

自己破産のデメリット

もちろん、自己破産にはいい事ばかりではありません。メリットの方が大きいのは確かですがこちらでデメリットについてもご説明いたします。
クレジットカードや消費者金融で審査が厳しくなる事はありますが、公共料金の引き落としや口座の利用には制限がかかりません。
つまり余計な贅沢を考えなければ普通に生活を送ることができますし、職業や資格の制限は免責が降りた時点で解除されます。
財産の譲渡が他人にできない、会社の役員などに付くことが出来ない、他には保証人や後見人になれないなども同様に免責の時点で解除となります。
これらの破産の記録も7年経つと、登録した情報は全て削除されるのです。

自己破産のメリットでご紹介した官報、こちらは一般の人の目に止まる事はありませんがヤミ金業者などは官報をチェックし、電話やダイレクトメールなどで巧みに融資を誘ってきます。
一度自己破産を行うと次は7年後まで破産宣告を行うことが出来ないということを利用し、自己破産を行った人を新たなターゲットとして7年間搾り取ろうという卑劣な算段です。
これには絶対に誘いに乗らないように注意してください。折角今までの不安が消えたというのに、一時の誘惑でまた7年間悪夢を見る目に会うかもしれないのですから。

デメリットと言っても、毎日督促の不安におびえてお金の事ばかりを考えて過ごす事を考えれば然程ではありません。けれども、「お金を借りる」と言うことは必ず返済しますという約束のもとで成り立っている事を忘れないようにしてください。

▲このページの上部へ