【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

自己破産のメリット

自己破産のメリットとしては大きく「支払い義務が無くなる」「取り立て行為が規制される」の2点が挙げられます。
これらは具体的にどういうことでしょうか。
支払い義務が無くなる (免責が確定)となれば、今まで頭を悩ませていた借金が無くなり新しく生活を立て直す事が可能ですし、取立ての規制があればサラ金などからの督促行為を全てストップさせることが出来ます。

自己破産をすると近所など周りに知れ渡るのではと不安に思う方が多いのですが、それはまずありません。破産手続開始決定を受けても住民票や戸籍などに記録されることはないので就職や結婚などで困ることもありませんのでご安心を。
自己破産で記録になるのは破産者名簿と官報の2点ですが、これらは他人が勝手に閲覧できるものではなく、破産者名簿は本人の本籍地の市区町村役場が管理しますがこれは免責決定を受けると抹消されます。官報には破産手続き開始決定時に掲載されますが、これは一般人の目に触れることはまずありませんし裁判所やこういった関連機関から勤務場所に連絡がいくこともありません。

また、選挙権を失ったりすることはありませんが破産者は弁護士・司法書士などの職には就けないなどの資格制限があります。
ですがこれらも免責決定が完了すれば資格制限は解除され、これらの職に就くことも可能になります。
他には信用情報機関にブラックとして登録されてしまいますが、この記録はその期間によって変わりますが5年〜10年程の期間は消費者金融の利用とクレジット機関のカードの発行などを行う際の審査が難しくなります。
けれども銀行の口座を利用することは、今までと同じように行うことが可能です。

▲このページの上部へ