【自己破産のメリット・デメリット】 -免責・費用・手続き-


自己破産に関する情報をご紹介

自己破産の費用

実際に破産手続きを行う際にはいくらか費用がかかります、この費用はどれくらい掛かるのでしょうか。費用は自分で手続きを行う(本人申し立て)の場合と、弁護士や司法書士など専門家に依頼するかでもかわります。
また、破産手続きを行う対象が今現在持っている財産によって手続きの流れや費用も変わってきますが、ここでは基本的な費用をご紹介いたします。

・本人申立ての場合
およそですが2、3万の実費(予納金約2万円、収入印紙1500円、郵便切手約5000円)となります。

・弁護士・司法書士など専門家に依頼する場合
手続きの実費と着手金を合わせ20〜50万円。それ以外に報酬額として20〜50万円程が目安です。

やはり専門家に依頼するとそれなりの高額となりますが、事務所によっては分割での支払いに応じてくれる所もありますので一度相談してみるのも良いと思います。

また、法律扶助制度を利用し費用の援助を求める方法もあります。
法律扶助は法的な専門家(弁護士、司法書士)の援助を求める場合や裁判の費用を助成するためのもので、本人の経済状況が法的な不利にならないよう国民の権利の平等の確保を目的としたものです。
自己破産の申立ての際は、法律扶助制度を利用する事で専門家への依頼料を10万から15万ほど、いくらか補助する事も可能です。


こちらは一般的な費用になりますので、詳しい費用の内容は裁判所や各法律機関の料金によって異なります。具体的な金額は各地域の裁判所や依頼を考えている事務所に一度お問合せをしてみて下さい。

▲このページの上部へ